素晴らしい「和力」の舞台、堪能しました!

日本芸能「和力–wariki」、

本日は満員御礼のお客様にお越しいただき、ありがとうございました!


毎年、贅沢な時間だなあ〜と思うのですが、

やっぱり今年も素晴らしかったなあ…


和  力(主宰 加藤木朗) HP:  http://www.wariki.jp/

小野越郎さん(津軽三味線): http://www1.ocn.ne.jp/~hanzou/band/index.html

木村俊介さん(笛・津軽三味線):http://insho.kmlw.net/index.html


←これは独楽の芸。

結花は天井が高くないので、ちょっとヒヤヒヤします。


綾打ち↓

獅子舞↓

↓三味線なんだけど、完全にロックだ!

←加藤木朗・磊也親子による鶏舞


↓火伏舞い(加藤木朗)

↓だんじり

和力の皆さん、来年もぜひ来てください。




東日本大震災から間もなく3年、

こうして私たちが文化を味わえることに感謝せずには

いられません。

津波や放射能汚染で故郷を追われた人たち…

その人たちのためにも、

私たちは元気を出して、頑張らなくては。

それが自分の責任でもあるのでは、と思います。


最後に加藤木親子とパチリ♪











今年はどんな年にしましょうか

始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。


2014年になりました。
皆さんにとって昨年はどんな1年でしたか?

私にとっては、政治を不安に思うことになった年でした。
政権が変わり、原発事故の影響がこれから心配されるという中、
オリンピックが決まりました。
国会では殆ど議論がされず、数の論理で全てが決められて行く
ようになりました。
そんな中、秘密保護法が国会で成立して、これから日本はどこ
に向かっていくのでしょう?

私たち大人は、ただ傍観していていいのでしょうか?

子ども達の未来は、明るいものであって欲しい…
親なら誰でも思うことです。

「政治には関心無いから」
と言う人もいます。

でも、私たちの暮らしは、全てが政治の中にあると思うのです。
大人である私は、大人としての責任とは何か…考え、アンテナを
張っていたいと思います。

福島第一原発も、未だに管理できていません。
それなのに安倍首相は、オリンピック招致のスピーチの中で、全
世界に公然と嘘をつきましたね…

これは本当に残念な発言でした。

このかん、福島県の人たちは、どんな気持ちがしていたでしょう?

まだまだ仮設住宅に暮らさざるを得ない方が大勢いらっしゃいま
す。人は、痛みを忘れる生き物ですが、私たちは、私だけは、忘
れてはいけないと思っています。

ところで昨日は、下矢切の「吉野」さんで年越しそばをいただきました。

吉野さんには、私たち夫婦の結婚式の時に、
し出し料理をお願いしてからのご縁です。
吉野さんのお蕎麦は、本当に美味しいです。
毎年我が家は、年越しそばは「吉野さん」と
決めています。

年末のちょっとした”こだわり”です。

さて、事情がありまして、最近臨時休業が多くなっています。
お客様には、ご迷惑・ご不便おかけ致しますが、何卒ご了承
くださいませ。

年始は7日から、「七草粥」をご用意して、お客様のご来店を
お待ちしております。


今年もお味噌を仕込みました

始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。


毎年、家族総出で仕込む「手前味噌」。
先ずは、麹の塊をほぐし、塩をまぶしていきます。

次に大豆を潰していきます。

前日から水に浸した大豆を煮て(実際にはここまで先生が

やってくださるのデス…横着な私は大助かり♡)。

つぶした大豆はまだ温かいので、麹が死なないように、

端に寄せておき、空いたところに潰した大豆をおきます。


次に、塩をまぶした麹と大豆をよーく混ぜていきます。


麹が残ってないかどうか、時々底からひっくり返して…



味噌仕込み用の入れ物に願いをこめて「えい!」

はい、これで仕込みは完成〜♪

10kg頑張りました!


放ったらかしでも、麹がちゃーんと良い仕事し

てくれるのです。

麹ってエラいなあ〜〜〜


この味噌は夏休みの初めに出来上がるのかな?

素晴らしい!!!


そうそう、お味噌のあとは美味しいランチをいた

だきます。私はスマートランチAを注文。

この日はお肉のメニューだったんだけど、何ていう名前だったっけ…メモし忘れた。

でも、柔らかくて、とてもあっさりしていて、とっても美味でした。

これが600kcalを切るなんて考えられます???

これがラブリングの店内。

カフェ ラブリング

https://www.facebook.com/cafelovering


おススメです(^^)/


さあ、自宅の分も含めて、

あと20kg頑張るぞー!!!




揺れるろうそくの明かり、シャンソン…

始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。


シャンソンて大人の歌ですね〜…

若林圭子さんの結花でのライブは4年ぶり。

「涙が込み上げました」、なんてアンケートに

書いてくださったかたもいらっしゃいました。


若林さんは、越路吹雪ばりの歌声で、観客を魅

了します。ご年齢もまさしく人生の酸いも甘い

も乗り越え、成熟した大人のムード。

というか、私にとってのシャンソンは越路吹雪

さんですかね、やっぱり。

私は昭和40年生まれだから、越路吹雪さんの

こともあまりよく知りません。子どもの頃は、

「この歌の、声のどこが良いんだか(!)」と

さえ思っていました。


でも、人生もとっくに折り返し地点を過ぎて、

私も少しは人生を語れる年齢になってきた…

そのせいか、今日の若林圭子さんの渋い歌声に

も感動を覚えるのでしょうか。

(→若林圭子さん、実物はとても美人なんだけ

ど、写真のタイミングが悪かったかしら…)


それでは次回をお楽しみに♪



「少年よ、大志を抱け」…おかげさまで結花は12年目に入ります

始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。


ちょっと手前味噌な話題からの導入ですが…

小6の息子は何しろ工作が大好き。毎日毎日何かを作っています。

先日は1週間レゴブロックでトラックを作っていたかと思えば、今週は毎日割り箸で

「輪ゴム銃」を作っています。私としては、まず最初に宿題をやってからにしてもら

いたいと思うのですが…


先日のある日、突然私に彼が言いました。

「ねえ、東大にレゴ部ってあるんだってね。オレ、そこに入りたい。」

は〜!?と心で思いつつ、

「おー、本当にそう思うんだったら、お母さん協力するよ〜!」


まあ、息子に東大入学は無理だとしても、ここに行きたい、こんなことしたい、と思

うのは自由だし、またそんな風に思えるなんて、幸せなことじゃないかと思うのです。


こんな時、親に言えること、助言出来ることとは何でしょう?

私ならやっぱり応援してあげたいですね。大人はつい、初めから現実的なことを言い

たくなりますけど、先ずは追い求めてもらいたい。そこから観えてくるものがきっと

あると思うのです。


子ども達に夢を描かせてあげるためにも、私たち大人は、そんな社会にしていく努力

を、もっともっとしなくてはならない…と考える週末です。


さて、明日は文化の日。

結花がここ下矢切に種を撒いてから、まる11年という歳月が流れました。

まだまだ側ばかり立派で活かし切れていないのですが、更に努力していきたいと思っ

ています。

明日から12年目に入ります。これからもどうぞ宜しくお願いいたします(^_^)