top image

ブログ

始めに

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。

20日、「第6回  山田紀子ピアノソロコンサート」が行われました。

毎回本当にパワフルな演奏で圧倒されます。

お客様も十分に堪能していただけた様子でした。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田紀子さんがすごいのは、かなりの大曲を完全に暗譜してしまうこと

です。ショパンにしろリストにしろ、よくこんなに長い曲が頭に入るも

のだと感心しちゃいますね。しかも何曲も!

それはすべて毎日の練習の積み重ね、その賜物なんでしょうね。

ご本人も仰っていましたが、「1に練習、2に練習。それ以外にはない」と。

ホント、素晴らしい時間でした。ありがとうございました!


始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。


先日、中一の息子が「腹の調子が悪い」と訴えました。

お腹が冷えてしまい、温めるものが飲みたいという。

それで、久しぶりに「梅醤葛(うめしょうくず)」を
作りました。息子は「わ〜久しぶり!やった〜!!」
と大喜び。

子どもたちが小さい頃は、ことあるごとに作っていま
した。近頃は忘れかけていましたが…

葛は、良質のデンプンで、消化吸収が良く、血液浄化、
免疫システム改善、老化防止、消炎,鎮痛、、痙攣(
けいれん)緩和、血圧安定、血糖降下、解毒、下痢止
め、自律神経、内分泌線向上、抗がん作用、胃腸・肝
臓・腎臓・副腎・脾臓・生殖器などの機能向上などが
期待されているそうです。


さて、葛湯の作り方です。

①まず、器に種付の梅干しと醤油を入れます。

できれば全て天然醸造が望ましいですが、ご家庭にある
ものを。梅干しは実母の手作り。
梅干し1つを潰しながら醤油大さじ1とよく混ぜます。
Img_4365

②葛は「本葛」を使います。
葛粉を鍋にいれ、少量の水でよく溶きます。
葛粉が溶けたら、葛粉の料の約5倍ほどの水を加えて火に
かけます。中火くらいでいいかな?初めは真っ白。
Img_4366_2

③段々周囲がプツプツして、固まってきたらさらによく
混ぜます。
さらに固まってきたら、火を弱めるか、一度火を停めて
一気に混ぜます。
④再び中弱火にかけ、しっかりと練り混ぜます。
⑤2〜3分練り混ぜ、半透明になったら出来上がり。
Img_4371

⑥①で作ったものと混ぜ合わせていただきます。
Img_4372



驚きの効き目!
息子のお腹は、間もなくすっかり良くなりました。

それにしても、昔の人はどうして葛の根っこからこんな
ものを発見したのでしょうね…?


動物がムシャムシャ食べていたのを見て、「これは薬に
なるのかな?」と発見した?



葛粉を取るまでの工程って大変だそうですよ。そんなデ
ンプンの採り方も先人達が見つけてきたのですね。
素晴らしいなあ〜

自然は、そのままにしておけば、私たちに数え切れない
恵みを与えてくれるんですよね。人間はどうして自ら壊
そうとするんでしょうね。


始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。


今日は前回の続編だというのに、だいぶ時間が経ってしまいました…


さて、前回は、東北岩手への一人旅をした、導入部だけ書きました。

たしか19歳の夏休みでした。


周遊券を求め、安い夜行列車に乗りました。

翌朝の夜明け頃「北上駅」に着きました。列車ではよく眠れずあま

りにも眠かったので、街の民宿に交渉して、2時間だけ仮眠をさせ

ていただくことに。


「こんなこと初めてだで、いくら貰ったらいいかねえ?」

なんて(岩手弁?が再現出来ない!)仰っていました。


目的の沢藤半次郎さんに電話して、来ちゃったことを告げました。

全く、相手のご都合など考えないんだから〜〜〜(汗)

でも、快く迎えてくださいました(^^)


金ヶ崎という駅から徒歩20分ほどだったでしょうか。

工房にお邪魔しました。


張り子用の和紙、型、絵付け、など説明を聞きながら、私も鬼剣

舞の小さなお面を二つ作らせていただきました。


(←これは範さんの作品。私のではない

でーす。)


どんな話をしたでしょうかね、そこはあ

まり覚えていません。

でも、会話の中で、範さんや奥さんの人柄が増々好きになりまし

た!温かくて芯が強い印象でした。


余談ですが、範さんてね〜…なかなかの男前なんですよ〜フフ

これもポイントかなあ。


楽しい話もつかの間、午後になり、おいとますることに。

「あんた、今日の宿はあるんかね」

「どこかに1人くらい泊まれると思いますので」


と、盛岡に向かったのですが…!


なんと、盛岡はその日「さんさ祭り」だったのです(涙)

案内所で「今日泊まれる宿は一軒もありませんよ」と言われてし

まいました。


いやー、こりゃこまった。

いくら何でも駅で寝るのは、女子大生にはさすがにキケンよね…


それで、ここから電車で行かれる範囲で宿のありそうなところは

無いか探してみることにしました。


そうしたら「渋民」という駅が目につきました。

確か「渋民」は、石川啄木が住んだことがある地名だったなあ…


一軒くらいの宿はあるだろう!

ということで向かいました、渋民へ。


あ〜…旅の話って長いですね。

続きはまたいつか〜



「匠の肖像」という番組に出たことがあったのね、範さん。

http://www.tv-tokyo.co.jp/takumi/backnumber/backnumber117.html

しかもお嬢さん東京都内で活躍されてたのですね!

Textile-Tree 編集長ブログ

http://www.textile-tree.com/blog/?p=4129


始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。



先日、友人ご夫婦のお宅に(と言っても、先方は70歳くらいのご夫婦ですが)

初めてお邪魔した時のことでした。

壁に世界各国・日本各地のお面がずら〜っと飾られていました。

それぞれに思い出やら色々とあるらしく、お聞きしていました。


すると、どうも一つ、見覚えのあるお面が。

「このお面、どちらで購入されたんですか?も

しかして岩手県じゃなかった?」

思い出せないで考え込んでいましたが、

「あ、思い出した。水沢で買ったんだ。」

とご主人。


ご面倒でしたが、お面の裏側を見せていただき

ました。

すると、裏側に「範」と「鬼剣舞」の文字が。


「あ〜、やっぱりそうだ。範さんのおめんだ!」

範さんの作品の特徴は、和紙の素材感を活かすため、絵の具で塗りつぶしていないところです。


こんな風に人と人はどこかで繋がっているんだあ〜・・・

そう思うと、とってもとっても嬉しかったのです!!!


実は、このお面には、こういう思い出があったのです…


20歳の頃、同じ短大の友人が入院したので、埼玉県浦和市までお見舞いに行っ

た帰り道のこと。何の気なしに伊勢丹浦和店?に寄り道したら、「大いわて展」

が開催されていました。

この「大何とか展」て楽しそうでしょ?えへへ。

で、フラフラ見ていました。

ぴょんぴょん舎の冷麺が超旨いんですよねえ〜


と、ひときわ私の感性をくすぐる作品が目に留まったのです。

それは素朴な和紙の立体人形でした。

素材は素朴で、表情はひょうきんで愛らしい…

見ていると、何となく「クスっ」となっちゃうような作品でした。


私は二つの作品をとても気に入りましたが、いかんせん持ち金が少なく、一点しか

買えない。しばらく「うーむ…」と悩んでいたら、その作品を作った主が

「そんなに気に入ってくれたなら、岩手まで遊びに来てください」

と案内の紙をくださいました。


その作家さんが沢藤半次郎さんでした。

http://www6.ocn.ne.jp/~sawahan/frame.html

(さわはん工房)


そして、その夏休み、私は岩手への一人旅を計画し、実行したのです!

その旅の楽しさ、書いたらここからが長い!

ということでまた今度書きまーす!


始めに。

結花は、地域分散型の「持続可能なエネルギーへの転換」に賛成です。

子供たちに残す社会をどうすればいいのか・・・

私たちみんなで考えていきましょう。


我が息子が3月18日に小学校を卒業し、11年間お世話になった小学校ともお別れ。

中学校に行ったら、こちらの出番はグッと減るし、息子もどんどん親を必要とし

なくなると思うし…

やっぱり寂しいものがありますよね〜。


そして昨日は中学校の入学式でした。


…が、ウチの息子は、思春期という意味でまだ成長期が来ていないようですねぇ。

先日も小学校の時の友達を家に呼んで「ベイブレードごっこ」的な遊びをしてい

たようです(ダイジョウブかなぁ息子…???)。

成長の遅い子同士、何か安心するものがあるのでしょうか、来ていた子は二人と

も我が息子と同じ、まだまだ幼い”少年”の子達でした。

卒業を迎える頃の男の子もまた、体格の差が大きいですよね〜


私は息子が小学校の1年生と2年生の時の2年間、小学校のPTA会長をしていたの

ですが、卒業式でPTA会長は「祝辞」という、お祝いの言葉を述べるお役目があ

るのです。


その文章が、多分以前使っていたPCに入ったまま取り出せなくなっているので、

残念ながら確認出来ないのですが、二度の卒業式で全く同じことを話しました。

まあ、ありきたりですが母の想いを込めました。要点をまとめると…


数少ない自分の人生経験から、私からは、大切にしていただきたい二つのことを

お話ししたいと思います。

一つ目は、ありきたりですが「出会い」を見逃さないでほしい、ということです。

ひとつの「出会い」がその後の皆さんの人生を大きく変えることがあります

その出会いは、友達や先生、または一冊の本かもしれません。

そのひとつの貴重な出会いを、どうか見逃さないで掴んでほしいのです。


もう一つは、自分を好きになってもらいたい、ということです。

日本人はよく自分の悪いところばかり思いつきますね。

でも、あなたの良いところも悪いところも含めて、全部があなた自身です。

世界中にあなたと同じ人間はどこにもいません。只の一人もいません。

それが個性であり、素晴らしいことなのです。

そんな皆さん自身を、どうか好きになってほしいと心から願っています。


そんな内容のことでした。

私のPTA会長としての最後の「祝辞」は、娘の卒業式でした。

泣くまいと思いましたが、やっぱり声が震えてしまった…


どの子達もみんなかわいい。

苦しみ、喜び、様々乗り越えて、大きく成長していってほしいなあ!

…心から願っています。


余談ですが、昨日の入学式で驚いたことがありました。

自分と同じ中学校の卒業生が同じクラスの保護者にいたのです!


これはとってもとっても嬉しい偶然でした。


良い3年間になるといいな〜…いいえ、きっとなります!





住所
松戸市下矢切89-4

TEL
047-361-2103

駐車場
3台

→ 地図・問い合わせ

過去の記事